チェーンの歯飛び

シフトワイヤーの調整が不十分だと「カチャカチャッ」と音が出て歯飛びが起きます。

これはリヤディレーラーの位置とスプロケットの位置が微妙にズレている時で、ワイヤーの張りの調整で直ります。

これが酷くなるとギヤが変わり辛くなるのですが、これ以外にパーツ(消耗品)の交換が必要な歯飛び・・・。

これには推奨走行距離を過ぎたチェーンによる走行で起きるものがあります。

この交換時期については、チェーンのメーカーや種類によって違います。

そのまま乗り続けると踏み込み時の歯飛びを起こしたりして危険が伴ったり、スプロケット交換が必要になる事があるので出来るだけ早急に交換をお勧めします。

それ以外にはワイヤーの交換時期。

これは束ねてあるワイヤーが1本づつ切れたりすると歯飛びを起こす時がありますが、慣れてくると切れ始めると分かる事もあります。

また大きな落車などでディレーラー部をブツけると、エンドが曲がって起きる事があります。

自分で判断が出来ず「おかしな?」と思ったら、お近くまたは行き付けのプロショップに!

それチェーン交換ではなく、シフトワイヤーだけで直るよ。なんて事も良くありますよ。