シマノ・ULTEGRA R8000

シマノ・アルテグラがモデルチェンジを発表しました。

情報収集の早いサイクリストは、プレスや動画などでもう見たのではないでしょうか?。(笑)

予定としては6月末から機械式の50×34Tに始まり、随時デリバリーが始まるようです。

パーツのアップグレード、11Sへのモデルチェンジを考えている方、ご予約開始いたします。

お気軽にご相談ください。

今年1回目の脱皮?

5月に入ってから気温も上がり半袖、レーパンで走れるようになりました。

日焼・・・紫外線を気にして長袖、タイツで走る人もいますが、やはりレーパンだと足の回り方が違いますよね。(笑)

この3回程のクラブランで日に焼けて、腕が早くも1回目の皮剥けが始まりました。

気にしている人には勇気のいる事かも知れませんが、半袖はともかく一度レーパン(半パン)で走って見て下さい。

本当に足の解放感、回り方が違います。

これからは梅雨に入り雨で乗れないか、晴れれば暑いと言う日が続くと思いますが、体調管理には気を付けて楽しみましょう。

・・・お風呂は腕だけ異常に熱く、両手を上げて入ってます。(笑)

21S→20S計画

MTBもCr-Moが当たり前のように有った頃の愛車を、現在のパーツで組み直したいと依頼を受けました。

当時はまだMTBも出始めて日も浅く、FD(フロントディレーラー)などは何種類も出ていました。

まずリヤハブを10S対応にしてホイールを組み直します。

ホイールは古いハブを交換するなら当時のリムやスポークをそのまま使うのではなく、新しいリムとスポークで組む事をお勧めします。

ただこの時適度に良いハブやリムを使うのでなければ、完組ホイールを購入した方が安価かもしれません。

そして当時のフレームに合うBB&クランク。

今回はフロントがWで、リアが10Sに仕上げました。

そしてフレームに合うFD。

ここら辺が注意するところです。

ただディオーレ辺りに組み替えても安価な完成車程度にはなるので、愛着のある自転車などでないのであれば新しい自転車を買うと言う選択肢も出て来ます。

愛車の復活を試みたいのであれば、行き付けにショップなどに相談してみては如何でしょう。

久し振りに賑やかなクラブランでした。

暖かくなった(と言うより暑い?)からか、梅雨の前の一走りか昨日の手賀沼は、多くのサイクリストで賑わっていました。

マイチームもいつものメンバーに加えて新人のAくん、経験者でニューフェイスのKAさん、Oさんとコースに行くまでが少し怖い人数でした。

コースに入れば自ずとばらけ、周回コースの辺りでは3つのグループになりました。

KAさんの走りは前回見ていたのでOさんも想定内でしたが、新人のAくんがこれがまたしっかり走っていたので驚きました。

少しずつでも早くなって、楽しんでもらえたら嬉しく思います。

もうすぐ梅雨に入るそうですが、その前にあと何回走れるでしょう。(笑)

ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ

今週末、土曜日が伊豆、そして日曜日が東京ステージで、ゴールとなるツアー・オブ・ジャパン。

海外ではジロ・デ・イタリア、国内ではツアー・オブ・ジャパンとロードファンにはうれしい一週間です。

ジロは「週末ちょっと見に行こう!」とは行きませんが、土曜の伊豆・修善寺、日曜の東京・日比谷シティ前→大井埠頭周回コースは、関東圏からも日帰りで見に行けます。

日本ではロードレースと言えばなかなか一般道でのレースが少ないので、東京ステージのように日比谷シティ前から大井埠頭周回コースへ向かうコースは、マラソンの様に沿道で応援出来る数少ないコースです。

自転車の集団が通り過ぎる時に起きる風を感じてみませんか?

今時・・・

昨日のクラブランではMくんのサイクルコンピューターが電池切れで、スピードのコントロールが効かずに前半から早いペースに。

私がロードに乗り始めた当初はまだサイクルコンピューターなど無い時代でしたので、仲間で走る際には前の人のスピードを維持したり、徐々にスピードを上げるなどを体で覚えたものでした。

サイクルコンピューターが初心者にも当たり前のように使用される昨今ですが、サイクルコンピューター無しでも体スピードを覚えるのも必要かもしれません。

何故ならロードレース以外の競技、例えばトラック競技のチームトライアルなどでは仲間との息合わせも大切だからです。

メーターにアクシデントが起きたら後方待機もそれも良いですが、一定のペースで走る事を体に覚えさせる。

今時ではないかも知れませんが、何かに使える・・・かも。(笑)

昨日はリハビリとか言いながらKちゃんが来店。

久し振りのウェアー姿でした。ガンバレ!

FELT F75

IMG_20170509_152404.jpg

2017年モデルの中でお勧めの1台。

カーボンフレームが人気の中、体の大きめな男性には敢えて、アルミフレームをご紹介します。

しっかりしていて安心です。

コンポが105なら後々のコンポのグレードアップも楽です。